ロゴ

妊娠しやすくするには?生活習慣・環境を見直そう!

*

出産できるタイムリミットを知っておくこと

妊活をする上で知っておくべきことがあります。それは【妊娠できるタイムリミット】です。酷なことを言うかもしれませんが、妊娠年齢というのは限界があるものなのです。つまり、自分がどのくらいのタイムリミットを残されているか、知っておくべきなのです。

30代前半がベストとも言われる出産適齢期ですが、実際には35歳以降の高齢出産も増えています。現実的な出産リミット、40代の初産で知っておくべきリスク、高齢出産で産む場合の心構えとは?

出典:本当の出産リミットはいつ? 高齢出産前に知っておきたいこと

妊娠率が急に減少する35歳

女性というのは、生理があるうちは妊娠することが出来ると考える人がいますが、生理があっても妊娠率は35歳で急激に減少してしまいます。実は妊娠率というのは25歳から少しずつ減少していきますが、一気に減ってしまうのが35歳なのです。

だからといって、35歳以上の女性が妊娠でいないわけではありません。40歳でも妊娠する人はいますし、45歳で妊娠している人もいます。人それぞれに妊娠できる年齢は異なります。

しかし一般的にタイムリミットは35歳を超えたらどんどん少なくなると考えています。ですから、20代と30代の妊活というのは気持ち的にも、やるべきことも異なってくるのです。自分の年齢とタイムリミットを知っておくことで、どのように妊活に取り組めばいいのか、ハッキリとしたビジョンが見えてくるようになります。

卵子の老化も問題に

年齢を重ねていくにつれて、卵子が老化していきますので、その分妊娠へ繋がるチャンスも減少していきます。卵子も20代と30代では質も元気も異なりますので、常に自分の体の状態を確認しながら、妊活をしなければいけません。

卵子の老化や体の老化は、見えないところで進んでいるので、定期的に病院でチェックをすることが重要になります。また、自分の生活習慣を見直してみたり、卵子が元気になるような行動をとる事で、体質を変えることはできます。

少しでも妊娠しやすくするためには、タイムリミットを把握しつつ、自分がやるべきことや自分に必要なものをチョイスして、正しい妊活をする事が大切になります。35歳を過ぎたからといって、妊活を諦めることはありません。

ただ、他の人と同じことだけをやるのではなく、自分に合っていることを探すという努力を怠らないようにする事が必要です。

 - はじめに

関連記事

post-hunin01
不妊治療との違い

妊活というのは不妊治療とは異なります。この両者の違いは何なのかみていきましょう。また、妊活を意識することで不妊に気が付く場合もありますので、どのように対処するのかここで確認してみて…

post-entertainer01
参考にしたい妊活をした芸能人たち

妊活をして出産まで至った芸能人として、東尾理子さんと矢沢心さんを紹介していきます。また現在、妊活をしてベビ待ち真っ最中の、森三中・大島美幸さんについても紹介。どういったことをしてき…

post-what01
妊活とは?

最近よく耳にする妊活という言葉ですが、実際にはどのような事をするのか?どんな意味があるのか?という事を、ここで説明していきます。妊活の必要性や意識の問題などに関して考えていきましょ…

post-life-style01
妊娠しやすい身体づくりのための生活スタイル

妊娠しやすい生活スタイルに変えることが、妊活の目的です。基本的なことですが、体重管理・食生活の見直し・適度な運動・ストレスを溜めないなど、守っていきたい生活習慣をあげていきます。…

post-mechanism01
妊娠のメカニズムを確認しておこう

妊娠というのはとても複雑な働きがいくつも重なって、やっとのことで起こる現象です。その経緯を女性の卵巣や子宮の働きと共に見ていきます。また、受精から妊娠までの経緯も再度確認できるよう…