ロゴ

妊娠しやすくするには?生活習慣・環境を見直そう!

*

妊娠を遠ざける悪習慣「喫煙」と「飲酒」を控えよう

喫煙と飲酒に関して、妊活中の人が気を付けなければならないことをお伝えしていきましょう。まず、普段から喫煙と飲酒が生活の中に入っているという女性は、妊活をするにあたって、控えることをお勧めしています。

悪影響と言われることが、たくさんあるのですが、妊娠をしようと考えている人にとっては、一般の人よりも特に注意が必要なのです。

喫煙の怖い所

出典:妊娠するために「夫婦」で辞めておくべきたった一つのこと

生活習慣病の原因とも言われているのが、喫煙です。そのほかにも不妊の原因になっていることや、発がん性を指摘されていることはご存じでしょうか?つまり一般的に考えて、喫煙が身体にとって良い影響を与えることは無いのです。

喫煙をすると、血行不良に陥るので卵巣機能が低下してしまいます。卵巣機能は低下をした時点で、機能が復活するということは実はあまりないことなのです。喫煙によって女性ホルモンの分泌も低下していくので、月経はあるものの実は排卵していないという事があります。

月経がきているから、私は安心だ!と思っているのは危険です。喫煙者はもしかしたら、無排卵月経になっている可能性があります。また夫婦で旦那さんが喫煙者という場合も危険はあります。自分が吸っている煙よりも、周りに出ていく副流煙という煙の方が体への影響は悪いものになるからです。

自分は吸わないのに、旦那さんが吸っている場合は、タバコからでてくる煙によって妊娠がしづらくなったり、肺がんの原因になったりしてしまいます。

出来るだけ妊活をする人は、タバコを止める努力をしてみましょう。もしも妊娠が分かった時点で、喫煙をしていたら流産をする危険性が増します。死産の可能性も増えます。このような危険を冒さないためにも、喫煙には十分注意してもらいたいと思います。

飲酒の怖い所

飲酒が日常化している場合には、出来れば量を減らすことから始めていき、最後には禁酒できれば理想です。たくさんお酒を飲む人は、月経不順になることもありますし、妊娠中に飲酒をしていると、流産の可能性が倍になると言われています。

1日に1口程度という健康的な付き合いが出来ればまだいいですが、毎日お酒がないとダメ!という人は、妊活中に禁酒を目指してもらいたいと思います。辞めることでストレスを感じるかもしれませんが、ストレスを感じる方が、飲酒をするよりもましなのではないかと思います。それくらい、飲酒は妊娠に悪影響だということです。

 - 妊娠しやすい生活

関連記事

post-poor-circulation01
妊娠を妨げる原因となる冷え性を改善

冷え性が原因で子宮や卵巣の病気になることがあります。また妊娠しづらい身体になってしまうので、冷え性の人は是非とも冷えを改善させてあげましょう。原因や症状、改善の方法などを詳しくご紹…

post-manifesto01
良質な睡眠はとても大事

睡眠中のレム睡眠、ノンレム睡眠について詳しく説明しています。これらはホルモン分泌に大きく関わってくることなので、妊活にとって、とても関連していることだと言えます。質の良い睡眠とは何…

post-bbt01
基礎体温を計測して身体のリズムを把握

基礎体温というのは妊娠をする上で、計測していて損は無いどころか、有益な事ばかりです。妊活中の女性は是非基礎体温を付けてみてください。低温期、排卵期、高温期という期間があり、それらを…

post-stress-free01
ストレスフリーの生活を目指す

ストレスが溜まると、身体と心にとても悪い影響が出てきます。妊活中の女性であれば、妊娠に関わる生殖機能が低下するという影響も受けることがあります。そこで、リラックスできる生活を目指す…