ロゴ

妊娠しやすくするには?生活習慣・環境を見直そう!

*

産休と育休の準備

仕事をしている女性は、妊娠をした際に産休や育休を使って休みを得てから、復帰したいと考えていると思います。妊活というのは、このような制度についてもしっかりと妊娠前から勉強をして、把握しておくことがポイントになります。

ただ妊娠を待つだけではなく、自分が妊娠をして出産をしたら、仕事はどうなるのか?どのような形で休みを貰う事になるのか?という点を学んでおきましょう。

産休と育休とはどういう制度なのか

出典:産休はいつから?いくらもらえる?産休・育休の基礎知識

産休

産休というのは「産前休業」と「産後休業」の2種が用意されています。

出産予定の6週前から休みを取ることができるのが、産前休業といいます。(双子を妊娠中は14週前から)出産をした翌日から8週間を産後休業と言います。つまり産休というのは、前後を合わせていますので、トータルで14週間の休みを取る事が可能です。

育休

育児休業というのは、生まれた子供が1歳になるまでの期間であれば、誰でも申請をして休みを取る事ができます。1歳までしっかり休んでもいいですし、半年間でもいいですし、休む期限は自分で決められます。

また、専業主婦の方が出産をした場合でも、仕事を持つ女性が出産をした場合でも、旦那さんも育休を取得する事ができるのをご存じでしたでしょうか?育児に積極的な男性や、理解ある会社の場合は男性が育休を取得することもあります。

もしも子供が1歳になっても、保育園に入れることができないなどの理由で、手が離せない状態が続くようであれば、1歳6か月まで育休を延長することが可能です。

一般的な申請方法

会社に対して、産休と育休の届け出をしなければ、取得することはできません。会社のどこへ連絡をすればよいのか分からない時は、人事部・総務部に話をしてみると、すぐにどうしたらいいか教えてくれるでしょう。

また、届け出に関しては、早めに会社へ伝えるのが良いので、妊娠が判明した時点で、どの程度休みを貰うか考えておき、安定期になったらすぐにでも届出をしましょう。

 - 妊娠への準備

関連記事

post-life-plan01
ライフプランを明確にする

妊活をするときに必要な準備として、自分のライフプランを明確にしておくことがあります。妊娠するための身体作りも大事ですが、まずはしっかりとした今後の妊娠~出産、その後10年の未来を見…

post-insurance01
出産に必要な費用と保険の準備

妊活をスタートさせる前に、妊娠から出産、そして育児に関してどの程度の費用が必要になるのかを把握しておきましょう。そしてそれに合わせた生活を送るように心がけましょう。また、女性医療特…

post-notice01
職場への妊活告知は必要?

仕事をしている女性が妊活をするのであれば、会社への告知はしておく方がいいでしょう。言いづらい環境もあるかもしれませんが、会社に少しずつ話しをするのがベストです。その後の引き継ぎなど…

post-hospital01
かかりつけの病院の重要性と選び方

かかりつけの病院や出産をする病院を探しておくことをお勧めします。妊活というのは、このように病院を選択する機会でもありますので、通いやすく信頼のできる医師がいる病院をみつけて、かかり…