ロゴ

妊娠しやすくするには?生活習慣・環境を見直そう!

*

良質な睡眠はとても大事

妊活をする上で生活習慣を見直す必要がある女性はたくさんいます。中でも考えてみてもらいたいのが、睡眠についてです。あなたはしっかりと睡眠を取れていますか?質の良い睡眠がどのようなものか分かりますか?

ただ単に肌荒れや睡眠不足を起こすだけだと思っていたら、大間違いです。睡眠が良質なものでなければ、妊娠するための身体づくりができないのです。睡眠がホルモンに大きく関わっているということを頭にいれながら、質の良い睡眠についてみていきましょう。

睡眠の基礎知識

出典:レム睡眠とノンレム睡眠の違い

睡眠というのは2種類あり【レム睡眠】【ノンレム睡眠】という名前がついています。レム睡眠は眠りが浅い状態のことで、身体は休んでいるのですが、脳がとても活発に働いている事をいいます。ノンレム睡眠はとても深い眠りに入っており、身体も脳もしっかり休んだ状態にあることを言います。

睡眠というのは、最初にノンレム睡眠がやってきてその後、およそ90分ごとにレム睡眠・ノンレム睡眠という繰り返しの睡眠が行われています。ここで覚えておいてもらいたいのが、ノンレム睡眠の状態が妊娠に関してのホルモン分泌と大きく関係してくるという事。

0時までには就寝が理想

寝る時間に関して、22時から2時の間というのは細胞が活性化するための成長ホルモンが分泌される時間帯になります。さらにノンレム睡眠の時には性著ホルモンの分泌はさらに活性化されるので、できるだけ22時から2時の間にたくさんのノンレム睡眠の時間を与えたいのです。

成長ホルモンがどうして必要かというと、卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンなどの妊娠に関わってくるホルモン分泌にも大きく作用してくるからです。妊活をしている女性であれば、卵子が健康に育っていくように、ノンレム睡眠の時間を増やせるように早い時間から寝るのが理想になるのです。

質の良い睡眠とは?

どうやって眠ることが、身体に良い事なのかというと、22時~0時の間には眠れるようにしておくことや、寝つきを良くすること、途中で目が覚めないようにリラックス状態で就寝でいることなどが、あげられます。

良質な睡眠時間を得ることで、効果的な妊活が送れるでしょう。

 - 妊娠しやすい生活

関連記事

post-tabaco01
妊娠を遠ざける悪習慣「喫煙」と「飲酒」を控えよう

飲酒と喫煙というのは妊活をする人には、どうにか辞めてもらいたい悪習慣です。妊娠にとって良い事は1つもないので、飲酒や喫煙の習慣を是非この機会に見直してみましょう。どのような怖い事が…

post-bbt01
基礎体温を計測して身体のリズムを把握

基礎体温というのは妊娠をする上で、計測していて損は無いどころか、有益な事ばかりです。妊活中の女性は是非基礎体温を付けてみてください。低温期、排卵期、高温期という期間があり、それらを…

post-poor-circulation01
妊娠を妨げる原因となる冷え性を改善

冷え性が原因で子宮や卵巣の病気になることがあります。また妊娠しづらい身体になってしまうので、冷え性の人は是非とも冷えを改善させてあげましょう。原因や症状、改善の方法などを詳しくご紹…

post-stress-free01
ストレスフリーの生活を目指す

ストレスが溜まると、身体と心にとても悪い影響が出てきます。妊活中の女性であれば、妊娠に関わる生殖機能が低下するという影響も受けることがあります。そこで、リラックスできる生活を目指す…