ロゴ

妊娠しやすくするには?生活習慣・環境を見直そう!

*

ライフプランを明確にする

妊活をするということは、いつでも妊娠していいという考えがあるという事ですから、まずはライフプランを明確にしておく必要があります。

妊活というのは、体や心の面で良い影響を与える活動をするだけではなく、今後のライフプランを立てたりして、どういった環境で妊娠をしたいのか、ということをしっかり夫婦で話し合うことも必要です。

妊娠を望むならまずは計画から

妊活をしたい!と漠然とした気持ちで始めることはお勧めできません。まずは夫婦でしっかりと、何歳までに妊娠をして出産をしたいという話をしておきましょう。妊娠を1年先に見るのか、3年先に見るのか、出来るだけ早くなのか、詳しく話し合いをするのです。

働く女性であれば、仕事を辞めるのか、産休を取り育休を取り、その後復帰をしたいと思うのか、そういった部分も話して決めておきましょう。妊娠をしてから全てを考えていたのでは、遅すぎます。妊活というのは、こういった生活面の準備も当然必要になります。

先を見るようにする

焦っても仕方がないことなので、まずは3年先・5年先・10年先といった感じで、自分たち家族はどのような環境で、生活をしているのか、見据えていきましょう。子供を授かったとしたら、どのくらいお金がかかるのか?今の経済能力で、生活は出来るのか?とても重要なことなので、こちらもよく考えて話し合ってもらいたいです。

また、妊娠や出産にかかる費用や、育児をしていく上で必要になる費用などを、しっかり貯蓄しておくことも重要です。結婚したばかりで、遊ぶお金ばかりに使っているだけでは、妊活をすると言われても、お勧めできません。

今後のことをしっかりと、頭に入れて妊活をしてもらわなければ、自分たちが大変な思いをするだけですから、面倒だと思っても確認しあいながら、決めていきましょう。

旦那さんだけが仕事をするのか、女性も仕事をしているのか、家計に関してはそれぞれの家庭で異なりますので、出来る範囲で妊娠しても安心できる環境を整えておきましょう。

 - 妊娠への準備

関連記事

post-hospital01
かかりつけの病院の重要性と選び方

かかりつけの病院や出産をする病院を探しておくことをお勧めします。妊活というのは、このように病院を選択する機会でもありますので、通いやすく信頼のできる医師がいる病院をみつけて、かかり…

post-maternity-leave01
産休と育休の準備

仕事をしている女性は、妊娠をしたら産休と育休の申請をしましょう。どのような方法で申請をするのか?産休と育休とはどのようなものなのか?詳しく紹介していきます。仕事を休んで育児をしてか…

post-insurance01
出産に必要な費用と保険の準備

妊活をスタートさせる前に、妊娠から出産、そして育児に関してどの程度の費用が必要になるのかを把握しておきましょう。そしてそれに合わせた生活を送るように心がけましょう。また、女性医療特…

post-notice01
職場への妊活告知は必要?

仕事をしている女性が妊活をするのであれば、会社への告知はしておく方がいいでしょう。言いづらい環境もあるかもしれませんが、会社に少しずつ話しをするのがベストです。その後の引き継ぎなど…