ロゴ

妊娠しやすくするには?生活習慣・環境を見直そう!

*

出産に必要な費用と保険の準備

妊娠して出産をするとかなり費用が必要になります。妊活をするのであれば、そういった費用に関しても把握しておかなければなりません。いざ妊娠が分かった時に、全く費用の準備が出来ていない状態だと、とても厳しい生活が強いられるかもしれませんので。

また、女性のための生命保険にも目を配っておきたいところです。妊娠してからでは保険に加入できませんので、妊活をスタートするときに自分の保険に関しても確認をしておきましょう。

どんな費用が必要?

出産時の入院や分娩費用

一般的に出産をするときの分娩や入院費用というのは、出産育児一時金というものが国から支給されます。最大額は42万円までを補ってもらえるので、出産する際の入院と分娩費用に関しては、実質の出費は少なく済みます。

ゼクシィ妊娠前に知っておきたい 出産のお金のこと

しかし妊娠した時から始まる定期健診の費用は、保険外診療になるので、自費になります。こちらも自治体によって、診療費のクーポンが発行されるので、それを利用すると1回で5000円引きになったりします。

交通費や衣服費

車を運転しない人や、車がない家庭の場合、公共の交通機関を利用することになります。妊娠中に病院へ通う時、いざというときにタクシーを使う、出産後は赤ちゃんを抱いてバスは怖いのでタクシーを使う。このように何気に交通費が多くかかる事があります。

また、妊娠するといつも着ていた洋服が着れなくなってきますので、新しくマタニティウェアを購入することになります。出産後は赤ちゃんの為の肌着やおむつ、洋服代などが多大に必要になります。このあたりの費用はしっかり押さえておきましょう。

生命保険に加入しておくと便利

妊活を始める際に自分の入っている生命保険をチェックしてみましょう。もしも生命保険に加入していないのであれば、入る事をお勧めします。入っていても、一般的なものであれば、さらにそこに女性医療特約を付けることをお勧めします。

妊娠前であれば、保険に加入することは可能です。妊娠をするとがん検診などが行われます。検査をしたときに子宮筋腫や子宮ガン、乳がんや乳腺症などが見つかったら、女性医療特約がとても役に立ちます。

このくらいの準備を整えてから、妊活をスタートさせていきましょう。

 - 妊娠への準備

関連記事

post-life-plan01
ライフプランを明確にする

妊活をするときに必要な準備として、自分のライフプランを明確にしておくことがあります。妊娠するための身体作りも大事ですが、まずはしっかりとした今後の妊娠~出産、その後10年の未来を見…

post-hospital01
かかりつけの病院の重要性と選び方

かかりつけの病院や出産をする病院を探しておくことをお勧めします。妊活というのは、このように病院を選択する機会でもありますので、通いやすく信頼のできる医師がいる病院をみつけて、かかり…

post-maternity-leave01
産休と育休の準備

仕事をしている女性は、妊娠をしたら産休と育休の申請をしましょう。どのような方法で申請をするのか?産休と育休とはどのようなものなのか?詳しく紹介していきます。仕事を休んで育児をしてか…

post-notice01
職場への妊活告知は必要?

仕事をしている女性が妊活をするのであれば、会社への告知はしておく方がいいでしょう。言いづらい環境もあるかもしれませんが、会社に少しずつ話しをするのがベストです。その後の引き継ぎなど…